自己破産の豆知識をご紹介いたします。

自己破産の豆知識

tips

自己破産で没収・差し押さえされるものとは

裁判所から借金を全くなくす自己破産は、財産がないと判断された場合に認められる制度です。そのため所有する高価な財産を手元に残すことはできません。ここでは没収や差し押さえの対象となる財産についてや、残せるもの残せないものについて詳しく具体的に紹 […]
詳しくはこちら

どんな人が自己破産を認められやすいか

自己破産が明らかに認められる人は、どんな人なのでしょうか?どんな人が認められるのかというと、やはり借金額が非常に多い場合と、無職無収入で返済能力が全くない場合です。さらに支払い不能な要件があるかが、自己破産を認められやすいと言えます。ここで […]
詳しくはこちら

親が自己破産した場合、子供にはどのような影響があるか

自己破産をした場合、本人だけでなく家族にも悪い影響があるのでは…と思います。実際は自己破産を申請した親本人だけが適用されるので、子供に悪い影響はありません。しかし、一部の条件に当てはまれば、子供にも悪い影響が及びます。ここでは自己破産がどこ […]
詳しくはこちら

自己破産時に提出する陳述文と反省文はどう書く?

陳述文は自己破産時に裁判所に、自己破産の必要性をアピールする証拠です。陳述文だけでも自己破産の免責が認められますが、中には反省文も必要となるケースがあります。担当の弁護士により反省文の有無は違います。陳述文も反省文も難しそうだと思いがちです […]
詳しくはこちら

自己破産は何回まで可能か。2回目以降の自己破産者が注意すべきポイント

以前、自己破産をして借金をゼロにしてもらったことがある人で、また借金をしてしまった場合に、再度自己破産することはできるのでしょうか?一度、自己破産していると、1回目の時に、あれだけ反省して二度と借金をしないと誓ったのに、また借金を作ったとい […]
詳しくはこちら

資格制限の期間とは?

自己破産をすると就けなくなる仕事は、いつまでも資格制限されるわけではありません。 その期間とは、自己破産の申請をしてから、自己破産開始決定がされた時点が、資格制限の期間の始まりで、免責許可を受けるか、復権を得るまでの期間です。 免責許可が出 […]
詳しくはこちら

資格制限を受ける仕事をしている場合の対応

それでは資格停止によって就けなくなる仕事をしている人は、どうすればいいのでしょうか? 例えば、警備会社にいた場合、自己破産を申請した段階で資格が使えなくなるので、一度、退職扱いになることが多いです。 退職扱いになっても会社から必要とされてい […]
詳しくはこちら

資格制限のタイプ

細かく資格制限のタイプを分けると、資格を喪失してしまうタイプと、喪失しないけれど一定の手続きを経て資格が使えなくなるタイプです。 資格が喪失してしまうタイプには、弁護士・司法書士・公認会計士・警備員・宅地建物取引主任者の資格がありますが、破 […]
詳しくはこちら

資格制限とは?

資格制限は破産法に事細かに規定されているわけではありません。 弁護士や税理士などの各資格の取得要件を定めている法律に個別に規定されています。 例えば、弁護士であれば弁護士法第7条の5に規定されていて、税理士であれば税理士法第4条3に規定され […]
詳しくはこちら

自己破産では就けなくなる仕事がある

自己破産をする人は他人から信用されなければならない仕事、安全を重んじる仕事、お金を扱う仕事に就けなくなる仕事があります。 この特定の業種や資格が制限されることを、資格制限と言います。 資格制限される期間は破産申し立てから免責決定までの間です […]
詳しくはこちら
menu