解決事例

case

相談による解決事例【3】

ご相談の経緯

M様はイベント企画会社を経営していました。しかし、不況の影響で依頼が激減し、その資金繰りのためにご両親と住んでいた自宅を担保に不動産担保ローンによる借入を行いました。そのローンの支払いが非常に厳しい、また支払いできなくなると担保にしている自宅を競売にかけられてしまう。そんな状況のときに当社にご相談いただきました。

借入の状況

借入合計額:2,000万円 (不動産担保ローン2,000万円)

解決にあたって重視したポイント

○担保としていた自宅がローン残高よりも高いために、自宅売却を早期に行い、即時に返済。
 売却益となる1,200万円をもとに、破産することなく生活を再建

ご相談による結果

M様は3,000万円以上する自宅を担保に、不動産担保ローンで2,000万円の借入を行い、毎月30万円以上返済していましたが、事業が改善することなく、毎月の返済も厳しい状況でした。返済できないと、担保としていた自宅を競売にかけられてしまうためにどうしようか焦っていらっしゃいました。
そこで、不動産担保ローンを返済するために、不動産会社に売却の依頼をして3,200万円で売却する事が出来ました。2,000万円の借入を完済しました。(もしそのままいくと、不動産担保ローン会社に担保としてとられ無一文になるところでした。)
残った1,200万円で事業の整理を行い、転居して暮らしていらっしゃいます。
結果として自己破産することなく、現在は、バスの運転手として新しい生活を楽しんでいらっしゃいます。

menu