自己破産の豆知識

tips

資格制限を受ける仕事をしている場合の対応

それでは資格停止によって就けなくなる仕事をしている人は、どうすればいいのでしょうか?
例えば、警備会社にいた場合、自己破産を申請した段階で資格が使えなくなるので、一度、退職扱いになることが多いです。
退職扱いになっても会社から必要とされていれば、免責が決定した後に復権して、退職前と同じように働くことも可能です。
雇用される会社によっても違いますが、退職はさせずに警備員以外の事務の仕事をしてもらうという会社もあります。
免責許可が下りない場合は、結果的に破産者となるので、10年間警備員の仕事に就けません。
自己破産者になれば、信用を重視する会社では雇用されないケースもあります。
やはり生命保険外交員などは信用が重視されるので、自己破産していれば就けなくなる仕事と言えます。

menu