自己破産の豆知識

tips

資格制限のタイプ

細かく資格制限のタイプを分けると、資格を喪失してしまうタイプと、喪失しないけれど一定の手続きを経て資格が使えなくなるタイプです。
資格が喪失してしまうタイプには、弁護士・司法書士・公認会計士・警備員・宅地建物取引主任者の資格がありますが、破産手続き開始後、復権までの間は資格取得はできません。
すでに持っている場合でも破産手続き開始で当然、復権するまで資格が使えません。
一定の手続きを経て資格が制限されるタイプは、生命保険外交員や取締役などです。
生命保険外交員は自己破産の手続き開始から復権までの間に、資格取得はできません。
すでに生命保険外交員の資格を持っている場合は、保険会社が登録を取り消しするなどの手続きを取られない限り、資格を使った仕事をすることができます。
取締役は地位を失うことになりますが、取締役が自己破産したことで会社との委任契約が終了することが理由です。
取締役の地位は失われますが、自己破産手続き中でも株主総会でまた取締役に選任されれば、また返り咲くことができます。

menu