自己破産の豆知識

tips

親が自己破産した場合、子供にはどのような影響があるか

自己破産をした場合、本人だけでなく家族にも悪い影響があるのでは…と思います。実際は自己破産を申請した親本人だけが適用されるので、子供に悪い影響はありません。しかし、一部の条件に当てはまれば、子供にも悪い影響が及びます。ここでは自己破産がどこまで影響するのかハッキリさせたいと思います。

自己破産は基本的には本人のみに適用される
自己破産について知識がないと、親が自己破産した場合、子供にも督促がいくかもしれないと思ってしまいます。しかし、自己破産の申立をした債務者のみに効果が適用されるので、親が子に直接の迷惑をかけることはないので、心配することはありません。自己破産時において制限がかかったり、財産を処分されたりすることは債務者の親のみです。財産といえば不動産の財産であるマイホームやマイカーなどの財産です。そのため自己破産時に親と同居していた場合は、一戸建てや所有マンションが差し押さえられるので、子供や配偶者にも影響があります。家族が連帯保証人になっていなければ財産の差し押さえや、借金の請求はないので、大丈夫です。基本的に借金は債権者と債務者と保証人の3人だけの契約となるので、他の人は関係ないという考え方です。そのため子供だから家族だから…という考え方は適用されないことを覚えておいてください。
子供が借金の連帯保証人になっている場合について
あまり連帯保証人については良いイメージがない人がほとんどです。それは債務者が借金を返済できなかった分、全て連帯保証人に請求がいくからです。親が自己破産した時に子供が連帯保証人になっていた場合、影響は計り知れません。当たり前ですが、連帯保証人が一括で借金を肩代わりすることはなかなか難しいので、話し合いの末、分割返済をすることが一般的です。最近の借金事情では、連帯保証人が不要な無担保ローンが大部分です。無担保ローンは債務者が返済できない時は、保証会社が肩代わりする仕組みなので、子供や配偶者など周囲の人に迷惑をかけることはありません。そのため現在、多くの人がこちらのローンを選択することが多いというわけです。
子供の財産は守られる?
自分が親で自己破産をしてしまった場合に、最も心配なことが子供の財産についてです。先ほども書いた通り、親が自己破産しても、子供の財産が差し押さえられることはありません。財産といっても同居していた場合は、親の財産なのか子供の財産なのか分からないものが発生します。その場合は、財産の名義が親・子供どちらなのか確認し、実際に誰が支払い誰が使っているかで、区分されます。子供が一戸建てを建てたり、マイカーを購入したりする時の、住宅ローンもマイカーローンも、親の自己破産は関係なく審査を受けられます。しかし、住宅ローンでは自己破産した親と同居していると、親がブラックリストに掲載されていることが知られてしまうことが考えられます。その場合、1人暮らしをするなど、住所は別にしておくと問題はありません。
親が持ち家を所有していて自己破産した場合について
親が所有する持ち家などの財産の全ては、自己破産した場合に差し押さえの対象となります。親が債務者で、まだ子供が小さい場合は同居しているので、差し押さえが原因で引っ越しするなどの影響が多大となります。差し押さえの手続きは半年から1年ほどで、財産の換金がされます。この手続きの期間中は、持ち家に住めますが、期間が過ぎれば引っ越しする必要が出てきます。親の都合での引っ越しになるので、子供にとってはマイナスである出来事だと言えます。なお、自己破産の時は、最低限の生活をするために債務者は99万円の現金と、生活に必要な家具家電を手元に残すことができます。弁護士に依頼している場合、財産を処分した一部を弁護士費用や引っ越し費用に充ててくれることがあるので、安心できます。引っ越し先の心配ですが、自己破産していても県営住宅や市営住宅、賃貸マンションなどは借りられるので、子供も配偶者も安心して生活ができます。

借金の考え方では債務者・債権者・連帯保証人が関係があるので、第三者である子供や配偶者は全く関係がありません。つまり親が自己破産しても子供に影響はないです。しかし、親と同居している場合や、親の借金の連帯保証人になっている場合は例外です。

menu