自己破産の豆知識

tips

自己破産は何回まで可能か。2回目以降の自己破産者が注意すべきポイント

以前、自己破産をして借金をゼロにしてもらったことがある人で、また借金をしてしまった場合に、再度自己破産することはできるのでしょうか?一度、自己破産していると、1回目の時に、あれだけ反省して二度と借金をしないと誓ったのに、また借金を作ったという後悔の念が大きいです。ここでは、2回目以降の借金で自己破産をしようとしている人に役に立つ情報を紹介します。

2回目の自己破産は可能?
自己破産をすることは、人生で1回だけしかないだろうと最初は思うものですが、人生は何が起こるか分からないものです。1回自己破産していても、また借金を作ってしまうケースは少なくないですし、クセになりやすいからです。そして、2回目の自己破産を検討している場合、本当にできるのか不安な人もいます。自己破産の一般的なイメージでは、何回までと制限があるようと思われていることがほとんどです。まず、結論から言ってしまえば、2回目の自己破産は可能です。2回目となれば当たり前ですが、条件がいくつかつきます。条件が付く理由は、何回も気軽に自己破産できるとなれば、債権者にとっては利益が全くなくなるからです。債務者も借金を繰り返すことがクセになり、また自己破産すればいいという悪循環に陥ります。仕組みとしても、借金した方が得のような印象を持たないように、2回目以降は条件が付くようになっているのです。
2回目の自己破産をするためにはどうしたらいい?
法律では2回目以降の場合は、借金をなくすことに欠かせない免責決定を受ける条件を1回目より厳しくすると定められています。その免責を認められない事情のことを、免責不許可事由と言います。一般的に借金した理由が、ただ無駄遣いしただけの浪費や、ギャンブルだった場合は、免責を認めることはできません。この免責不許可事由には、前回の免責決定の確定後7年間に、また自己破産の申立をした場合も含まれます。つまり、2回目の自己破産をするためには、前回の免責決定の確定から7年以降に申立しなければなりません。
2回目の自己破産時のポイントとは
初めての自己破産した時より、2回目以降は当たり前ですが、借金を作ってしまった理由や事情を、事細かに聞かれることを覚悟しましょう。いくら前回から7年経過しても、同じように借金を繰り返しているので、裁判所から見れば反省していないと判断されてしまいます。2回目で1回目と同じ借金の理由だった場合は、裁判所から厳しい追求をされることは間違いないです。それは、同じ理由で借金をして自己破産を認めてしまえば、また借金を繰り返すので、同じ理由での自己破産は認められないからです。とにかく2回目の時は、借金をした原因を裁判官が納得できるように説明をする必要があります。
2回目の自己破産ができない場合
どうしても2回目の自己破産ができないときは、他の債務整理の手続きをすることがおすすめです。例えば、任意整理・特定調停・小規模個人再生などであれば、以前に自己破産していても利用することができます。メリットとしては借金を全くなくすことはできませんが、減額できるので、ある程度の負担からは開放されます。また、自己破産とは違って返済は継続していくため、財産を処分されることもありません。債務整理の中の個人再生の給与所得者等再生の場合、自己破産後に利用する場合は制限がつくので注意が必要で、給与所得者等再生はサラリーマンや公務員が利用できるものです。サラリーマンや公務員で1回自己破産して、個人再生を申請する場合は、自己破産の免責が確定後、7年間は利用できないということになります。
何回まで自己破産はできるの?
何回まで自己破産できる、という制限は自己破産にはありません。しかし2回目も1回目同様に自己破産の免責確定後から7年経過しなければ、自己破産をすることはできません。何回までできるという制限がない代わりに、間を7年間あける制限が付くことを覚えておいてください。このように何回までという規制がないので、何回までできる?という疑問に対しては、何度でも自己破産はできるという返答になります。

1回自己破産しても何回までという規制はないので、何回までも自己破産は可能です。しかし、同じ理由で借金していないこと、前回の免責確定後から7年以降経過していることが条件です。一般的に自己破産は何回までというイメージがあるため、何回までできるのか疑問に思う人がほとんどです。しかし、何回までと規制はないので、免責確定さえすれば問題はありません。

menu