新着情報

news

自己破産の流れ

①受任

ご依頼をいただいた当日(時間帯により翌日)に受任通知(弁護士介入通知)を各貸金業者へ発送し,以後の取立・返済をストップします(弁護士が介入した後,貸金業者が依頼者の方に取立行為等をすることは法律上禁止されてます)

利息制限法の法定金利への引き直し計算

貸金業者から開示された取引履歴をもとに,法定金利(15~20%)に引き直し計算を行い,債務額を確定します。貸金業者から取引履歴が開示されるまでに受任から1~3ヵ月間かかります。
過払い金が発生している場合には,返還請求をします。

申立書類の準備

依頼者の方は,申立書類の下書きや必要書類の収集を行います。ご不明な点は事務員がサポートしますので,お仕事をお持ちの方でも1ヵ月程度で収集可能です。依頼者の方から提出された資料をもとに,何度かやり取りをしながら申立書類を完成させます。

申立・即日面接

裁判所で受付を済ませ,その場で裁判官と面接を行います(即日面接)。

※即日面接は弁護士のみが出席し,依頼者の方が出頭する必要はありません

破産手続開始決定

「破産手続開始決定・同時廃止決定」が裁判所から出されます。この際,免責審尋期日が決定します。

免責審尋

裁判官との面接を行うため,弁護士と1度裁判所へ行きます。

免責許可決定確定

免責許可決定後1ヵ月を経過することにより,免責許可決定が法的に確定します。

※「確定」は一定の期間が経過すれば,当然効果が生じるため,確定に際して裁判所から通知等はありません。

 

menu