自己破産の豆知識

tips

自己破産の弁護士費用相場と安くおさえるコツ

■自己破産の際に必要な弁護士費用
自己破産を行う場合には、弁護士に依頼をしなければいけませんが、重要なのはどれぐらいの費用が必要になるのかという点です。全くお金がないから自己破産をするのに、さらにお金が取られるというのはおかしいのではと思うでしょうが、残念ながらこれが日本社会の現状だと言えるでしょう。まずは必要な費用をご紹介致します。

■自己破産した場合の平均的な支払相場

自己破産をしてお金が全くない状態でも、当然弁護士費用の支払いは発生するのです。
では、どれぐらい弁護士費用がかかるのか見ていきましょう。
あくまで相場なので、依頼する弁護士によっても変わってきます。
弁護士の場合には着手金に相談料、成功報酬が必要になりますが、自己破産の場合には相談料を取られるケースはないと思って問題ありません。問題になるのは着手金と成功報酬です。

着手金も成功報酬も、大体20万円から30万円ぐらいが相場になっています。
そのため、総額では40万円から60万円の弁護士費用が掛かると思っておくべきでしょう。相場を知っておくことで、これだけ必要になるけれどどうすればよいのか、どのようにすればもっと安くできるのかなどの対策が立てられるようになります。
もちろん相場がこれぐらいということなので、もっと安くすることは十分可能です。

■成功報酬を取らない弁護士に依頼する

自己破産をしてしまうのですから、できる限り弁護士報酬も少なくしたいと思うのが一般的です。問題なのはどのようにして弁護士費用を減らすのかという点ですが、最初に紹介させていただくのは成功報酬を徴収しない弁護士を選ぶという方法になります。相談料は通常取られることはないので、着手金のみ支払う弁護士を選べば、費用を節約することも不可能ではありません。

ただし、着手金のみの徴収を行っている弁護士の場合、成功報酬の支払いはない場合でも、着手金が高く設定されていることもあるのです。逆に着手金も成功報酬も徴収している弁護士の場合には、安く設定されている場合もあるので注意しましょう。あくまで総額がいくらなのかが重要になるのです。普通の弁護士は、依頼前に必ず必要な料金を教えてくれます。もしくは分割払いが可能な弁護士に依頼する方法もあります。

■可能であれば司法書士に依頼をする

自己破産を行う場合、通常は弁護士に依頼します。なぜなら自己破産する人の多くが事業に失敗した人になるからです。しかし、現在では事業に失敗する人よりも、一般の人が自己破産をする傾向が多いので、弁護士ではなく司法書士であっても対応できる場合が多いと言えるでしょう。

弁護士と司法書士では、必要な料金も変わってくるのです。もし司法書士に自己破産の依頼をした場合には、大体弁護士費用の平均相場よりも、10万円から20万円ぐらい安くなることが多いのです。これだけでもかなりの節約になると言えるでしょう。

ここで注意しなければいけない点があるのですが、司法書士には権限に制限が設けられているという点です。権限の制限というのは、先ほども紹介した料金の制限なので、今回は省かせていただきます。そのため、最初に司法書士に依頼をしたけれど、料金の制限によって弁護士にも依頼をするようになり、結果高い費用が必要になるケースもあるので注意しましょう。

■法テラスを利用する方法もある

自己破産する人には弁護士費用の支払いも困難になることは目に見えています。それでも自己破産をしなければ、どんどん支払うお金が増えるので、どうすればよいか悩んでしまうでしょう。このような場合におすすめなのが、法テラスという機関を利用する方法です。法テラスには民事法律扶助制度というのが存在しています。

この民事法律扶助制度を利用することによって、費用負担をかなり節約することができるでしょう。ただし、誰でも利用できる制度ではありませんので、利用条件を知っておく必要があります。通常は弁護士に費用の立て替えができるようになるので、返済額が全く無くなるわけではありません。

返済は分割となり、基本的には毎月5千円から1万円ぐらいになることが多いでしょう。しかも支払いは2ヵ月後になるので、多少は収入が得られている可能性も高くなっています。利息が付くことも無いので安心できますし、どこの専門家であっても費用が一定になっているなどがあります。弁護士費用含め詳しいことは問い合わせをして聞いておきましょう。

<弁護士費用は安くすることも不可能ではない>

自己破産をする際に、どのようにして弁護士費用を安くするのかをあらかじめ知っておくべきです。どのような方法が存在しているのかというと、元々費用が安くて自己破産についての知識もあり、信頼できる弁護士に依頼をする方法、成功報酬が必要ない弁護士や、分割払いが可能な弁護士に依頼するなどがあります。他にも可能であれば司法書士に依頼をすることも可能ですが、制限には注意しておきましょう。最も一般的な方法としては、法テラスを利用することです。

自己破産の手続きをするために弁護士を利用する場合、費用を節約したいと考えている人が大半を占めています。どのようにすれば安くできるのかを知っておくと有利です。

menu