自己破産の豆知識

tips

自己破産で没収・差し押さえされるものとは

裁判所から借金を全くなくす自己破産は、財産がないと判断された場合に認められる制度です。そのため所有する高価な財産を手元に残すことはできません。ここでは没収や差し押さえの対象となる財産についてや、残せるもの残せないものについて詳しく具体的に紹介します。

自己破産時に自由財産は処分しなくていいと定められている
自己破産してしまった場合は債務が免責される代わりに、所有の財産を没収・差し押さえをされることになります。しかし、自分が持っている全ての財産を、没収されて差し押さえられて…ということはありません。そんなことになれば普通に生活していくことが困難になり、せっかく自己破産で借金が0になっても、生活を立て直すことができなくなってしまうからです。破産法という法律では、自由財産にあたる財産は没収・差し押さえの対象にはなりません。自己破産の手続きでは、破産者の財産を処分して、お金にして、債権者に公平に返済・配当することが定められています。その財産には不動産や動産だけでなく、金銭の請求権の債権・著作権などの形がない権利も含まれます。さらに換金できると判断された、何かのノウハウも財産に含まれます。
自己破産時の自由財産は5種類に分けられる
自由財産の5種類とは、新得財産・差押禁止財産・99万円以下の現金・自由財産の拡張をされた財産・破産財団から放棄された財産になります。新得財産は文字の通り、自己破産手続き開始後に新しく取得した財産のことで、自己破産しても没収や差し押さえの対象になりません。差押禁止財産は、生活必需品などの民事執行法に定められている「差押禁止財産」や「差押禁止債権」のことで、強制執行の1つの差し押さえができない財産です。99万円以下の現金は、銀行などの預金や貯金以外のお金を意味しています。自由財産の拡張をされた財産とは、新得財産・差押禁止財産・99万円以下の現金に該当しないが、裁判所の決定で自由財産として扱われる財産です。この適用は自由財産だけ残しても、最低限度の生活を維持できないと判断されれば適用されます。破産財団から放棄された財産は、破産管財人が裁判所の許可を得て、換金できない、または困難だとして放棄されたものです。
具体的に自己破産時にどんな財産が残せる?
自己破産をした時、手元に残せる没収や差し押さえがされないものは、生活に必要な家具家電、99万円以下の現金、ローンが残っていない・中古車市場で20万円以下の価値の車です。住宅はローンが残っていない場合でも処分されることが予想されます。家具家電などの生活必需品に該当するのは、電子レンジ・エアコン・暖房器具・携帯電話・パソコンなどです。しかし、生活必需品でローンを組んでいるものは、ローン会社の所有となっていることがあるので、没収・差し押さえとなります。そのため誰の名義でローンを組んでいるのか確認する必要があります。現金は99万円以下であれば手元に残せますが、それ以上は清算しなければなりません。車はローンが残っておらず、中古車市場でも20万円以下の車は没収・差し押さえにはなりません。しかし、車のローンが残っている場合はローン会社の所有になり、没収・差し押さえの対象に含まれます。また、中古車市場で20万円以上の価値がある場合は、処分して返済に充てるようになりますが、場合によっては処分されることがありません。例えば仕事の通勤や、学校への送迎、身体に障がいがあり車が必要、家族の介護で車が必要な人などです。このような車がないと生活ができないような地域に住んでいる場合、車を没収・差し押さえされることがなくなります。住宅は、やはり高額な財産に値するため、没収・差し押さえの対象となります。今の住宅に住み続けたいと考えている方は、個人再生を使うことを検討してみてください。

自己破産をして免責により借金が0になったら終わりではなく、金銭に換価できる財産を処分することになります。高価なものや余分な財産は残せませんが、必要最低限の財産は残せるように法律で定められています。どのような財産が残せるのか知っておけば安心ですので参考にしてください。

menu