解決事例

case

相談による解決事例【8】

ご相談の経緯

M様は住宅ローンを奥様と共有名義で組んでいらっしゃいました。共働きだったのですが、ご主人様が会社をやめたことで家計が逼迫し、離婚されました。
離婚され、ご主人様が家をでて、奥様・母親・子供3人で暮らしていました。ご主人様も転職したものの、収入が大きく下がり、住宅ローンを支払い続けていくことが困難になり、消費者金融からの借入も300万円を超え、支払困難になったことから自己破産を決意されました。
自己破産をしたいと元妻に相談したものの、元妻は家を手放すことに納得できずに困って、相談に来られました。

借入の状況

借入合計額:2,300万円  (住宅ローン残債2,000万円・消費者金融4社 300万円)

解決にあたって重視したポイント

○持ち家一戸建てという資産があったため、任意売却をしてから自己破産を行ったこと

ご相談による結果

ご相談に来られたご主人様は自己破産をしたいと思っていましたが、共有名義である奥様は住宅ローンを払い続けており、自己破産によってマイホームを手放すことを拒絶されていました。
そこで、このままだとご主人様が住宅ローンを滞納し続けているので競売になってしまうこと、競売になると近隣の方にも情報が公開されることをご理解いただくまでご説明してやっとのことで理解を得ました。
そして、任意売却をまず行いました。奥様は子供と共に引っ越し、ご主人様は自己破産をされました。
ご夫妻ともに新しい生活のスタートをきられています。

menu