自己破産の豆知識

tips

夫・妻の借金が発覚したらまずすべきこと

■夫や妻の借金が発覚したらどう対処するのか
夫が借金をしていることを知らなかった、妻が借金をしているのを知らなかったという経験をした人もいるでしょう。このような場合には、どう対処するべきなのでしょうか。もちろんなぜこのようなことをしたのかを問い詰めることや、どれだけお金を借りたのかなどを問い詰めることも重要です。問い詰めるだけでは解決できないので、対策も必要になります。

■共有財産になるのかならないのかが重要

夫が借金をした場合、妻にも返済義務があるのか、逆に妻が借金をした場合、夫にも返済義務があるのでしょうか。結果から言うと、共有財産であるか特有財産であるかどうかが重要になります。共有財産であった場合には、配偶者にも返済する義務が発生するのですが、特有財産であった場合には、配偶者が借金の返済をする義務はありません。

まずは特有財産について見ていきますが、簡単に言えば個人で使用する物を購入するために借金をした場合が特有財産になります。ブランド品の購入をした、ギャンブルを行った、その他自分が何かに使用する目的で借金を作った場合には、夫や妻に返済義務はありません。借金をした本人が悪いので、遠慮なく本人に責任を取らせましょう。

逆に光熱費や食費、家賃や医療費、教育費など複数の人が利用する目的で何かを購入した、何かを利用するために借金をした場合には、共有財産になるのです。この場合には配偶者にも返済義務が生じるので、夫婦で相談をしながら返済していくようになるでしょう。

■連帯保証人になっているかが重要

夫が借金をした、妻が借金をしたとき、片方が連帯保証人になっている場合には、財産の種類に関係なく返済義務が発生するので注意しましょう。

最近は多額の借金をする場合や、賃貸住宅に入居する場合など、高いお金を支払わなければいけない場合や、長期間支払いが発生する場合には、連帯保証人が必要になります。しかし、他人には頼めないので身内に頼むという人も多いでしょう。人によっては友人や知人に頼む場合もあるでしょうが、重要なのは安易に連帯保証人にならないことです。

もしなる場合には、本当に信用できる人であるのか、きちんと責任をもって連帯保証人に迷惑をかけないように注意できる人物であるのかを見極めてから決めましょう。また、一般的な保証人と連帯保証人では意味が違いますが、いずれも主債務者がお金の支払いができなくなると、代わりに返済しなければいけなくなるので注意しましょう。

■勝手に名義を使われてしまった

夫が勝手に妻の名義を使って借金をした、逆に妻が勝手に夫の名義を使って借金をしたという事例もあります。このような場合には、どちらに返済義務が生じるのでしょうか。このような場合には、当然借りた方が悪いので、夫の名義を勝手に使った場合には妻が、妻の名義を勝手に使った場合には夫に返済義務があるのです。

ただし、いくら夫婦であったとしても、勝手に他人の名義を使用するのは犯罪になります。できれば話し合いで解決するべきですが、どうしても解決できない場合には、弁護士や司法書士に相談をしてみましょう。詐欺罪で訴えることも可能になるのですが、もし借金をした金融機関側から発覚した場合には、金融機関から訴えられることになるでしょう。

お金を借りる場合には、本人確認の電話などが厳しく行われますし、男性と女性では声も違うので、通常は審査に通ることはないでしょう。万が一通ったとしても、違法だということを知っておくべきです。これは夫婦だけではなく、親子や兄弟であっても同様です。

■借金が発覚したらまず相談が基本

夫の借金が発覚した、妻の借金が発覚した場合には、まず夫婦で相談をしましょう。何が原因で借金をしたのか、どうして借金をしたのかを確認し、共有財産であれば夫婦で協力して借金を返すようになります。特有財産であっても、相手が反省をしているのであれば、助けてあげる必要もあるでしょう。なぜなら民法第752条で、夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならないと決められているからです。

返済が難しい場合には、債務整理という方法も存在しているので、金額が少ないのであれば司法書士に、金額が大きいのであれば弁護士に相談をしましょう。債務整理の方法にも3種類存在していますが、できる限り早めに相談をすることで、任意整理で済ませることもできるでしょう。

<どのような借金なのかを明確にする>

夫や妻の借金が発覚した場合には、まず事実関係を明確にすることが重要です。それから夫婦できちんと相談し、どのようにして借金を返していくのかを決めます。普通はよほどのことがない限り、結婚しているのに安易に借金をするような人はいないでしょう。返済が難しい場合には、司法書士や弁護士への相談も必須になります。他にも相談を行える機関があるので、探してみるのもよいでしょう。早めに相談をすること、早めに対策を練ることが大切です。

夫が借金をした、妻が借金をしたことが発覚したら、早急に対策を練らないといけません。なぜなら借金というのは、時間が経過すればするほど増えていくからです。

menu