自己破産の豆知識

tips

ブラックリストに載る理由

■はじめに
ブラックリストというのは、実際にそのようなリストがあるわけではなく、ローンが組めなくなる状態を指します。ブラックリストに載る理由には、家賃の滞納やクレジットカードの未払いなど、さまざまな理由があります。ブラックリストに載ってしまう理由とそれで起こるデメリットについてご説明します。

■ブラックリストに載る理由

家賃を滞納したり、クレジットカードの支払いをしないでいると、ブラックリストに載ってカードが作れなくなったり、ローンが組めなくなるデメリットがあります。
お金を期日までに返済できない状態が続いた場合、延滞の記録が個人信用情報機関に残りますが、この状態を「ブラックリスト」と呼んでいます。
カード会社は、個人信用情報機関に問い合わせて延滞の記録を調査し、お金を貸そうとしている人がローンを組める状態かどうかを探ります。
ブラックリストに載るデメリットですが、個人情報機関で延滞情報を管理をされて、住宅ローンの審査に通りにくくなったり、携帯電話などを契約できなくなります。
デメリットとして大きいのは、クレジットカードが作りにくくなり、生活が不便になることでしょう。

■クレジットカードの支払いをしない

クレジットカードによるショッピングやキャッシングなどを行った後で、返済日までに返さないとブラックリストに載ります。
銀行口座から引き落としする際の残高不足などもありますから、一度ぐらい未納になった程度でブラックリスト化することはありませんけど、2~3ヶ月に亘り未納の状態が続くとクレジットカードが使えなくなります。
クレジットカードの未納によるデメリットですが、カードが使えなくなる以外に残額が一括請求になる場合がありますから気をつけてください。
返済が難しい場合は、カード会社に返済できない理由を説明して連絡をすれば、返済計画を考えてもらえますから、まずは相談しましょう。

■携帯電話の料金が未納

ブラックリストに載ってしまう意外な理由として、携帯電話の料金が未納になっていることでローンが組めなくなってしまうおそれがあります。
ブラックリストに載る理由が思いあたらない場合は、携帯電話の支払い状態を確認してみてください。
携帯電話料金の未払いがブラックリスト入りとなる理由ですが、新規で契約する際に携帯電話本体の分割購入契約をしているためです。
金額が少なかったとしても、携帯電話本体の分割購入契約も立派な契約の一つであり、クレジットカードを未払いしたときと同等の扱いを受けます。
携帯電話の料金はそれほど高額でないため見落としがちですけど、うっかり未納が続くと信用に関わります。

■ローンの多重申し込み

クレジットカードを作る際に、銀行や消費者金融などに手当たりしだいに申し込むと多重申し込みとなってしまい、ブラックリスト入りすることがあるようです。
多重申し込みをするデメリットですが、あちこちの金融機関に手当たりしだいにクレジットカードを作り、一気に踏み倒すつもりではないかと疑われてしまいます。
クレジットカードを作る場合は、一社に申し込んだら合否の結果を待って、そこに落ちたら次のカード会社に申し込むようにしましょう。

■家賃を滞納

家賃を滞納した場合は、督促状が来てから2~3ヶ月滞納が続くと、自宅を競売にかけられて住宅ローンをその代金で清算することになります。
家賃を滞納するデメリットは、自宅を失う以外に住宅ローン以上の金額で売却できないと、借金を背負うことになりかねないことです。
家賃の滞納は、ほかの借金より金額が大きいですから、支払えないと思ったら早急に金融機関に相談してください。

■奨学金の滞納

大学の学費として奨学金を借りた場合、滞納するとブラックリストに載ります。
奨学金を滞納するデメリットは、強制執行で給料の差し押さえなどが行われることです。
給料を差し押さえされてしまうと、その会社で働き続けることが難しくなり、自己破産をしなければいけない状況になることもありえます。

■自己破産をしている

さまざまな借金が支払えなくなったときに、最終的に選択することになるのが自己破産です。
自己破産をするデメリットですが、家や自動車などを持っている場合、すべての財産を没収されます。
債務整理には、自己破産のほかに任意整理という方法もありますから、自己破産以外に方法はないかいろいろご検討ください。

<まとめ>

借りたお金を返さないと、ブラックリストに載ります。ローンが組めなくなる理由として、家賃を滞納したり、多重申し込みをしたりすることがあげられます。ブラックリストに載るデメリットとして考えられるのは、クレジットカードが作れなくなったり、あらゆるローンを組めなくなることです。支払いを滞納したとしても、すぐにブラックリストに載るわけではありませんから、滞納する理由を説明して金融機関などに相談するようにしましょう。

ブラックリストに掲載される理由として、家賃の滞納やクレジットカードの未払いなどがあげられます。それぞれのデメリットについて考えてみましょう。

menu