自己破産の豆知識

tips

どんな人が自己破産を認められやすいか

自己破産が明らかに認められる人は、どんな人なのでしょうか?どんな人が認められるのかというと、やはり借金額が非常に多い場合と、無職無収入で返済能力が全くない場合です。さらに支払い不能な要件があるかが、自己破産を認められやすいと言えます。ここではどんな人が認められやすいか紹介します。

自己破産はどんな人ならできる?
自己破産は借金が自分では返済できなくなった時の最終手段です。自己破産を裁判所に申立して、最終判断を下されて初めて認められるものです。どんな人でも自己破産できるとは限りませんが、どんな人が自己破産できるという判断の目安があるので、自己破産できるかどうか不安な人は参考にしてみてください。
どんな人が認められるの?基本的な考え方とは?
自己破産以外の、任意調停・特定調停・個人再生を使用しても、3年で返済が不可能な場合は、自己破産が認められます。3年で返済できない人とは、どんな人?という基準は、安定した収入源がない、売却して換金できる財産がない、借金の返済をしたら生活することができないなどです。具体的に説明すると、月々の返済額が収入の1/3を超えている場合は認められやすいと判断できます。この1/3というのは、毎月の給料から住居費を引いた金額が1/3程度である考え方からきています。毎月の収入の1/3×36回(3年間)で計算して、借金がそれを上回るような場合、返済不可能と判断するのです。しかし、明確な金額の基準はなく、3年間で返済できないと言われても、自己破産を認められるとは限らないので安心はできません。同じ200万円の借金を背負っている人でも、その人の置かれた状況で自己破産できるかは違います。例えば、会社の経営者で経営が軌道に乗っていて、財産が十分にある人の200万円の借金は、大した重みが感じられません。しかし、生活に困っている人にとっての、200万円という借金は重みが感じられます。後者の場合は、100万円以下でも自己破産は認められることが多いです。このようにどんな人が認められるのか、という判断は、その人が背負っている借金額よりも、経済状況を総合的に判断することが分かります。どんな人が認められるのかは、最終的に裁判所の判断にかかっていますが、どうしても不安な場合は、担当の弁護士に認められるのか確認することからスタートしてください。
少額の自己破産は認められる?
50万円の借金でも返済能力や経済状況が悪ければ、自己破産は認められます。50万円を3年で返済することを考えると、毎月14,000円で返済できてしまうので、健康で働ける能力があれば、自己破産は認められません。しかし、病気がちであったり、小さい子供がいたりすれば、返済は困難な状態と判断できます。生活保護を受けるような経済状態であれば、自己破産は認められやすいということです。100万円以下の借金に関しては、100万円以上の借金の人より、経済状況が大きく影響することが一般的です。
自己破産できるのか具体的な例を紹介
生活保護を受給している場合は、自己破産が認められることが多いです。しかし、生活保護でもらったお金を返済に充てた場合、不正受給者とみなされて、支給が止まり、お金を返還する可能性も出てきます。次に進学するために使用する奨学金が支払えなくて自己破産も認められる可能性は高いです。親が自己破産している場合は、奨学金の審査に通らないこともあり、そういった場合は親以外の親族に連帯保証人をお願いする方法もあります。それができない場合、学生支援機構に保証会社を有料で用意してもらう方法もあります。恋人にお金を貢いでしまった場合は、浪費による借金は免責が認められない免責不許可事由にあたりますが、どのラインが浪費にあたるのか判断が困難なため、免責不許可事由には該当しません。しかし、高級クラブやキャバクラに行って借金を作った場合は、浪費と判断されることが多いです。

最終的な自己破産できるという判断は裁判所で行われますが、認められるだろうという目安があります。それは自己破産以外の方法で、3年で返済できなければ認められる可能性が高いという目安になります。どんな人が自己破産ができるのか不安な方は参考にしてみてください。

menu